料金・その他

翻訳料金の見積もりは、翻訳対象言語の語数、分野、難易度、原稿量、納期等から算出されます。可能であれば、翻訳する原稿を拝見した上で、原文の単語数またはワード数による正確な見積もりを提出させていただきます。
料金その他については、下記参考料金をご参照ください。(戸籍謄本、証明書等に関しては、文字数による見つもりではなく、内容により個々に見積をさせていただきます。)

A4に書かれた日本語は1,000字、英語は600ワードが目安です。これより多い場合も、少ない場合もあります。(文字のポイント、スペース、書体、行間、レイアウト、図、写真等により変動するため、正確な文字数を確認したい場合、Wordファイルの場合(Word 2007以降)は、メニュー画面の「校閲」タブにある文字カウントをクリックしてください。また、Word文書画面の左下にも表示されます。) 見積もり方法は、下記「見積もり方法・ご注意点・その他」に記載してあります

参考料金( 英/日 )

翻訳分野 英語から日本語へ
英語原文1単語
日本語から英語へ
日本語原文1単語
一般文書 ¥ 10 ~ ¥ 10 ~
契約書 ¥ 17 ~ ¥ 14 ~
ビジネス ¥ 12 ~ ¥ 14 ~
金融・証券 ¥ 20~ ¥ 15 ~
技術書/技術マニュアル ¥ 13.5 ~ ¥ 12.5 ~
その他の専門分野 お問い合わせください

※上記料金には別途消費税が必要です。

お支払い方法

法人のお客様の場合

納品後、メール(PDF)または郵送にて請求書をご送付いたしますので、請求書記載の口座にお振込をお願いいたします。

個人のお客様の場合

基本的に前払いとさせていただいております。

見積もり方法・ご注意点・その他

例1.「英語から日本語」の場合

Wordファイルに表示された単語数を翻訳対象の単語数とします。

「We support your business overseas through translation services.」

この場合、「翻訳対象の単語数」は、「8ワード」になります。

例2.「日本語から英語」の場合

Wordファイルには、単語数、文字数(スペースを含めない)、文字数(スペースを含めない)として、日本語の文字の数が3種類表示されます。弊社では、これら3種類の表示のうち、日本語から英語の翻訳対象として、「単語数」を使用しています。

「1991年の創業以来、英文契約書翻訳を中心に、法律、ビジネス、企業法務、金融、技術翻訳、マニュアル翻訳等の分野でお客様の海外取引をサポートします。」

上記の場合、「翻訳対象の単語数」は、「70単語」になります。

なを、Wordファイルの「文字カウント」が使用できない場合、「英語から日本語」は、単語数、「日本語から英語」は、文字数(スペースを含めない)を適用させてただきます。なを、まれなケースですが、見積もり時に文字カントができない場合、下記に記載のように翻訳終了後に判明した文字数でのご請求となる場合があります。

  • ※ 振込み手数料はご負担ください。
  • ※ お見積もりは、翻訳対象となる文字がワード、テキスト文書等でデータ化されている場合、基本的に原文ベースでご提示しますが、文字データが紙媒体、写真、ファックス、PDF等の形式の場合、翻訳終了後に判明した文字数でのご請求となる場合があります。
  • FAX/E mail以外の宅急便、郵送による納品は、納品にかかわる料金を別途翻訳料に加算させて頂きます。
  • ご注文後のキャンセルに関しては、作業量に応じた金額を頂戴いたします。
  • その他、上記以外のサービス(例:英文文書作成、マニュアル作成、ヨーロッパ圏言語以外の言語翻訳等)、または、ご不明の点につきましては、ご相談ください。
  • 上記料金(日本語から英語)には、ネイティブチェックは含まれません。ネイティブチェックをご希望の場合、お申し付けください。