知的財産権契約

投稿日 ブログ


ここ数年、弊社で扱う契約書翻訳で多いのが、知的財産権契約に関する翻訳です。知的財産権契約の代表格は、ライセンス契約ですが、ライセンス契約の他にも知的財産権契約には様々な種類があります。

ちなみに弊社で扱った知的財産権契約関連の翻訳でも、様々な契約があり、その一部を見ると、例えば、ライセンス契約を含めて、以下のようなものがありました。(知的財産権に関する契約は、下記のほかにも多々あります。)

  • ライセンス契約(ソフトウェア、特許、商標、意匠、ノウハウ、ソフトウェア、  ウェッブサイト、トレードシークレット等に関する契約)
  • 新製品の研究開発に関する受託、委託、共同研究・開発契約等
  • 映画、TV、音楽の放映権、放送権、その他に関する契約
  • 映画、TV、音楽、ゲーム等の事業に対する投資、資本提携に関連する契約
  • 映画、TV、ゲーム等のキャラクターに関する契約(商品化、ライセンス等)
  • 知的財産権の譲渡契約
  • 知的財産権のエスクロウ契約
  • 知的財産権に関する機密保持契約
  • 出版に関する契約

その他、ブランドの使用にかかわる契約、サービス契約、知的財産の産学共同開発など、近年における知的財産権の強化、保護の傾向が、弊社で扱う契約書翻訳の種類・内容にも表れているかもしれません。例えば、近年、販売店契約、代理店契約、業務委託契約等、直接、知的財産権にかかわらない契約でも、知的財産権の保護に関する記載がより詳細になり、また、知的財産権の保護に関するいくつかの条項が設けられています。

知的財産権に関連する契約分野は、一般に、他の契約分野と比較すると複雑かつ多彩な内容から構成される場合も多く見られ、また、その時々の最新の技術、製品等を扱うもの等、翻訳に際しても、より一層の注意が必要とされます。

Comments are closed.